FC2ブログ

楽をしてもクロウクロウ

おたくとかおたくとかおたくだったり写真だったりやりたい放題よ!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっほっほ  

book13.jpg
近所のアピタこないだノベルス版なかったけど今日行ったらあったんで買ってきました^^
うおおおおおお史紋うおおおおおおおおおおおお!!!!!
タタルは出ない気するんで史紋くんに滾ります、全力です。
近々部屋にあるBL小説を全部売ったろうと思います。
勿体無い気もするんだけどもうあんま読まないしな…迷う。
まだ未読のがあるからせめて後から少しずつでも読もうか…ううぬ。
でもはよ毒草師読みt←←
どうもミステリ小説には滾らずにはおれんのだ…ぐうぅ!
故に周りに一番同士がいないジャンル…;;
京極とか有栖川とかメジャーなのは好きな人多いんだけど…
や、私ん中じゃQEDだって随分メジャーだと思うんだ!
シリーズもこれ入れて16作目だし。
ほんと読む人いない…JDCですら少ない;;;;;
ワカさんと開催するミステリの会がほんと本話するには心の拠り所だ^q^
メルカトルも読んでもらえたし!!
まあQEDのおかげでいろいろ捩った見方をするものでぺよんしててもイザナギ、イザナミに関しては私の解釈には当てはまらないので素敵なお話だね、って感じで見てます。
一口に神様と言ってもほかの大量の神様とまたいろいろ関わってきてる事なのでどうも神話とかを鵜呑みにできない捻くれ者です…
悲惨すぎる理不尽な運命を辿った人ばかりなのでああやって崇められてるんだよね、きっと。
妖怪っていうのもほんとはいたかもしんないけど実際見ていくと結局のとこただの人間で、偉い上の人間からは人間とみなされてなかっただけなんだもんね。
自分達だけが人間でそれ以外の下の人は蜘蛛であったり鬼であったり河童であったり。
そう思うと歴史上の文献に残ってる鬼退治とかの話もただの人殺しってことだ。

うんうん、何か喋り出すと止まらんのでもうやめとく。

しかしあれだ、上の話と全然関係ないけど人の振り見て我が振り直せとはよく言ったもんよね。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rakurou.blog62.fc2.com/tb.php/1431-3db143ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。