楽をしてもクロウクロウ

おたくとかおたくとかおたくだったり写真だったりやりたい放題よ!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一気にできない…  


先日ふと思い立って、小説達に付いてるブックカバーを透明に変えよう!と本屋でカバー買ってきていそいそ付け替え作業してるんですが、私にとって本を整理する=部屋を掃除するって方程式なので毎日少しずつしか進みません…
あの漫画を整理しようと引っ張り出したもののついつい読み耽ってしまう現象が小説でも巻き起こるわけです。
ああこんなの持ってたなあ読んだなあと感慨に耽る。
んで、今朝はつい読み返してしまいました。
後味の悪い本だったなあと思い出したらついペラペラっと。
最近読書ペースが亀以下だなと思って本屋に行きだしたら欲しい本の山で財力が追い付きません。
ミステリが相変わらず部屋には転がってますが、ここのとこはハウツー本や専門?的なものを好んで購入してます。
ここ最近で一番欲しかった立花隆の書棚も買いました。
書棚写真見てるだけでワクワクします。
本ってある意味自分の歴史でもあるなあと思うとなかなか手放せないよね。

話は逸れたけど、ハウツー本がまた面白い。
よくある仕事で上手くいくテクニックやらなんやらもフィクション程度に読んでると楽しいですよ。
それを実践するかはさておき、ちょっとした興味で読んだものでも、心に残るものがあれば、自分の中の新しい知識としていつかは役に立つかもしれないし。
本は読まないよりは読んだ方が良いなとは思います。
私は記憶力悪いからなかなか身になってないけど、そんな私が鮮明に覚えてる内容の本って、きっと私にとって面白い本なんだよね。
うーん奥が深い。

そして脱線ばかりするから作業が進みません……今は体内酵素の本を読んでます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。